人生いろいろ

川の流れのように(美空ひばり)は、私のお気に入りの歌だ。

昔はカラオケでもよく歌った。

ランダムではあるが、今でも運転中に聴く。


一番好きなフレーズは・・・

“でこぼこ道や 曲がりくねった道 地図さえない それもまた人生”


私の子供の頃、日本には、こういう道があちこちにあったと思う。

そもそも、日本がこれだけ舗装された道で囲まれたのはいつ頃からだろうか。


新興国と比べて驚くのは、田舎に行った時だ。

舗装された道など全くないところが新興国には今も沢山ある。一方、新興国でも都会では、日本並みとはいかないが、それなりに舗装されている。

余談を付け加えると、舗装された道がすぐ痛むのが新興国らしいが・・・。


私は、日本の子供達の生活環境と新興国のそれを比べることは多い。

生まれた時期、生まれた場所の違いで、これだけ生活環境が違うのかと新興国に行くたびに思う。

どっちが良い悪いではない。

どちらであっても、その環境に適応して子供は育てないといけないし、子供は育つ。そして、どちらにも親の苦労がある。


私は日本の整備された道を走りながら、この歌を聞きながらよく考えることがある。

日本では、今は、でこぼこ道やぬかるんだ道がない生活環境はだらけだ。果たして、こういう場所で子育てして良いものかと。


もちろん、物質面での社会生活の環境が整備されていても、人間関係や多様な社会での生活はとてもストレスが多く疲れる。日増しに社会は複雑化して変化が激しくなる。心が休まる時がない。

落ち着いて何かに取り組んだり、マイペースでのんびり過ごしたりがなかなか出来ない。


こんなことをあれこれ考えながら、時々、自分事を振り返ってみる。私は性分として、きれいに舗装され整備された道よりも、そうでない道を行くのが好きなタイプだ。

ただ、そういう私にしても、予期せぬでこぼこ道やぬかるんだ道はできれば遭遇したくはない。

それこそ、人生、上り坂、下り坂、まさかのま坂である。


登山は私はしないが、山にも時々車で行く時がある。当然、上り坂、下り坂を意識しながら走る。特に狭かったり険しかったりする道は、まさかに気を付ける。こんなところで、事故を起こしたら大変という意識は強い。

だから、まさかは避けたい訳である。


普段の生活や仕事にしても、想定される坂は対処が当然できる。だが、まさかになると、程度問題であるが、なかなか厄介だ。


そんな時、この歌は結構心に刺さる。

要するに人生いろいろ。

全て予想通りに対処できることばかりではない。

自分が喜んで舗装されていない道に行くタイプだとしても、やはり、思いがけなく、まさかのでこぼこ道やぬかるんだ道にハマった時。

どう考え、どういう心の持ちようでいるか。

どう行動するか。

これが人生の本質のような気がする。


話は元に戻るが、日本は様々なものが整備され過ぎて、完備され過ぎている。新興国で生活できるような免疫がない中で、まさかが多くなりすぎている国ではないだろうか。


以上

近藤昇オフィシャルサイト

ブレインワークスグループ CEO 近藤昇